カントン包茎の治療の流れ

包茎は男性器特有の症状の一つですが、大きく分けるといくつかの種類に分けられます。その一つがカントン包茎と呼ばれるものであり、カントン包茎は亀頭が包皮にかぶった状態であり、無理にこの状態を解消しようとするなどして、亀頭を露出させた際に戻らなくなってしまうことを指します。

包皮の一部分が亀頭の部分を締め付けた状態になり、締め付け感や痛みを伴うことになるでしょう。ほかのタイプと比べた場合には、早急に治療を要するものです。これからカントン包茎の治療を受けようと思っているのであれば、実際にどのような治療の流れになるのかをしっかりと把握しておくことが求められます。

カントン包茎について詳しく把握しよう

生まれてすぐの男の子の赤ちゃんは、ほとんどの場合亀頭が包皮にすっぽりと包まれた状態となっています。多くの男性が思春期を迎える前にはこの状態が解消されることになるでしょう。包皮は本来自然に後退していくものであり、亀頭は常にむき出しの状態となります。

しかし無理に包茎の状態を解消しようとした場合には、先端が挟まっている包皮は亀頭の溝にひっかかってしまうでしょう。ひっかかっても戻ればよいのですが、この状態から戻らなくなってしまうのがカントン包茎ということです。カントン包茎のカントンとは、飛び出たものが戻らないことを意味しています。

カントン包茎の状態になると、亀頭が圧迫されてしまうので、血流が滞ってしまったり、これによってはれや炎症などが引き起こされる可能性が考えられます。最悪の場合には、組織が破壊されて壊死の状態になることも考えられます。

この状態は成人男性でももちろん起こる可能性があり、包茎のまま成長した大人が、この状態で亀頭を露出した状態のままにしているだけで、時間が経過するとともにカントン包茎になってしまう可能性もあります。そのほかにも尿道カテーテルなどの医療行為によって生じることもあるでしょう。どのようなことが原因であっても、亀頭を露出したままにしないことが大切です。

具体的な症状や原因を知ろう

カントン包茎になることによりどのような症状が現れるのかと言うと、まず最初に起こるのが亀頭の血流が滞ることによって循環障害が発生します。循環障害がおこると、亀頭の部分には腫れが見られたり、うっ血が生じることにもなります。痛みを伴うケースが多く、血流障害が数日から数週間にわたって長時間続いた場合には、ペニスの組織には壊死が起こってしまうこともあります。

最悪の場合には、ペニスを切り落とさなければならなくなります。切断せずに済んだとしても、重症化となると生殖機能や排尿面で様々な問題が生じる可能性も考えられます。亀頭部分がはれてしまうのでさらに締め付けを強く感じるようになり、さらに血行が悪くなるという悪循環を繰り返すことにもなるでしょう。

何が原因でこのような状態になるのかというと、包皮口が狭いのにもかかわらず、無理に引っ張って亀頭を出すことにより発生します。亀頭部分には溝がありますが、ここに包皮の狭くなっている部位がひっかかってしまい、元に戻さなかったり元に戻せなくなったりするとカントン包茎となります。

はれや痛みの原因としては、亀頭が締め付けられることによって炎症が発生したり、血流が悪くなったりすることにあるでしょう。

段階に応じた治療とその流れ

カントン包茎の治療を受ける場合には、泌尿器科を受診します。ここで発生した状況や現在の状況などを問診で聴取することになるでしょう。そのあと実際に診察が行われ、包皮口の狭くなった部分により締め付けが起きているか、変色などが起きていないかなどを確認します。

治療の第1段階として、まず最初におこなわれる方法は、医師の手によって包皮を元に戻す用手的整復法と呼ばれるものです。これで元に戻すことができればよいのですが、万が一はれが強い場合には、そのはれを抑えてから再び試みることになるでしょう。痛みがある場合には、麻酔を使用することもあります。

これでも改善が見られないようであれば、次に行う方法は対穿刺法とよばれるものを行います。これはどのような方法なのかというと、腫れている部分に注射の針を刺して、包皮の中にたまった液体を抜き出してはれを抑える方法のことです。

これらもうまくいかなかった場合には、最終的に外科手術に切り替えることになるでしょう。包皮の背面部分を縦に切って締め付けを解除する背面切開法、左右に切り開く環状切開術などが行われ、包茎そのものが改善されます。どのような方法を選択するのかは、症状や年齢などに応じて判断することになるでしょう。手術を行うとはいえ、30分で日帰り手術が行えるほどのものです。

まとめ

カントン包茎の手術はそれほど危険度が高いものではなく、基本的にすぐに治療も完了するでしょう。しかしカントン包茎が発生しているのにもかかわらず、そのままその状態を放置していたり、治療を受けずに治療が遅れた場合には、ペニスの壊死が進行して生殖機能を失ったり、ペニスそのものを失う可能性も考えられます。

場所が場所なだけに恥ずかしいという思いがあるかもしれませんが、将来のことをよく考えて、すぐにでも医療機関を受診する必要があります。思春期の少年に起こるものでもあり、本人がだまっているケースも多く見られます。保護者が異変に気付いた場合には、クリニックへの受診を促す必要があるでしょう。